より良い賃貸の探し方とは?

良い賃貸の探し方で覚えておくべきこと

アパートや家を借りようと不動産屋に行ったとき、ただ闇雲に物件を紹介してもらってもなかなか決めることは難しいでしょう。不動産屋で賃貸を探すとき、どんなことに気を付ければ良いのでしょうか。
まず、不動産屋探しです。引っ越しの目的が、職場に近い場所に住みたい、○○区に住みたいという目的がある場合、目的地最寄り駅の不動産屋がおすすめです。そこで自分の譲れない条件を提示し、物件を見せてもらいます。もしここで理想の物件に巡り合えなければ、次に地元の不動産屋に行くのです。地元の不動産屋には、ネットなどに載せていない物件情報もある場合が多くあるからです。そこで気になった物件があれば、どんどん内見に行きたいことを伝えましょう。本気で契約したい客であると認識されれば、不動産屋側から、周辺環境の情報を得られたりします。

ネットで賃貸を探すには?

不動産屋を回って賃貸物件を探すことができれば理想的ですが、現実には、引っ越す場所が遠い、忙しいなどの理由でインターネットで賃貸情報を探すことも多いですね。そんなときは、何に気を付ければ良いのでしょう。
多くの賃貸情報サイトには、こだわりの条件で絞り込む機能が付いています。最初に、思い切り贅沢な、理想的な条件で検索してみるのです。それによって、条件に合致する物件の有無、有るとしたらその相場が分かります。それから、自分がこれなら妥協できる、という条件を緩めていきます。これ以上は絶対に譲れない、というところまで来たら、やはり内見を申し込みましょう。というのも、物件には、様々なサイトに掲載されている共有物件と、あるサイトにしか掲載されていない独占物件があり、良い共有物件はすぐに借り手がついてしまいます。気に入った物件があったら、早めに行動しなければなりません。